イタリア赤十字社: タンザニアへの募金活動を開始

イタリア赤十字社、タンザニア緊急事態:10,000万世帯が影響を受ける。ヴァラストロ:「非常事態が広がっています。地上のCRIチーム。募金キャンペーン開​​催中』

過去数週間の絶え間ない雨とそれによる洪水により、 タンザニアで58人死亡。現在、10,000つの地域が緊急事態により水没しており、合計XNUMX世帯が影響を受けています。 85,000の人々。家屋、道路、橋、学校が水没しています。機関と政府の両方から大きな懸念が寄せられています。 タンザニア赤十字社 (TRCS) が人口を支えています。多数の洪水を引き起こす気候現象「エルニーニョ」の影響や新たな雨の可能​​性により、状況はすぐに悪化する可能性がある。同じ雨により、約76,000ヘクタールの農業地帯が完全に水没した。

「私たちは、洪水による緊急事態を深刻に懸念しています。 タンガニーカ湖 ブルンジの一部の地域やケニアの降水量の増加は、さらに広範囲にわたる影響を及ぼしている」と述べた。 ロザリオ・ヴァラストロ イタリア赤十字社会長。 「タンザニアという一国だけではなく、この地域全体が屈服している。国際赤十字社の使命の一環としてのイタリア赤十字社のチーム 赤十字連合 および 赤い三日月の社会は地上におり、この緊急事態の影響とその展開を評価し、全体の状況、より一般的には進行中のすべての活動を監視する際にタンザニア赤十字社(TRCS)を支援しています。イタリア赤十字社もまた、住民のニーズに応えるための募金活動を開始しており、その最たるものは適切な衛生状態と環境条件を確保し、家を失った人々にできる限りの支援を提供することである。」

タンザニア赤十字社が管理している 8キャンプ、同じくコレラ流行の影響を受けている住民に支援を提供するために設立されました。新たな気象現象の発生の可能性だけでなく、現在居住不可能となっている住宅やその他の建造物の全体的な状況についても大きな懸念が持たれています。水と泥が大量に存在するため、コミュニティを支援するための介入は容易ではありません。

へのリンク 募金キャンペーン: https://dona.cri.it/tanzania/~mia-donazione

ソース

  • イタリア赤十字社のプレスリリース
あなたはおそらくそれも好きでしょう