コロナウイルスの発生:中国から警報が届く

コロナウイルスの警告は中国から届きました。北京当局が発表した、アジアに影響を及ぼしているこの不可解なウイルスのために、XNUMX人目の犠牲者が亡くなりました。

コロナウイルスの汚染はヘビや魚から来ると考えられていたが、 このウイルスには特定のソースがないと宣言されましたが、私たちが知っている唯一のことは、感染した人々が他の人間を汚染しているということです。 これにより、世界中の一般的なアラームが決定されました。

このニュースは、31月XNUMX日にWHO(世界保健機関)によって届きましたが、メディアはXNUMX日前にニュースを広めました。 誰もがこれは本当の事実の誇張だと思っていましたが、それがケーキではないという考えに達するのに数時間しかかかりませんでした。

中国当局はXNUMX日でXNUMX番目の犠牲者を宣言し、世界はあらゆる可能な予防措置を取っています。 空港では、警察が人々の体温を管理し、病気かどうかを調べています。 このウイルスは単純な発熱として自身を示すことができ、過小評価される可能性があります。

当局によると、中国での感染例は291件です。 世界的に、コロナウイルス感染は他の場所でも発生しています:台湾から50歳、武漢から帰国し、陽性であり、現在は隔離されています。

また、オーストラリアのブリスベンに上陸した男性の武漢から、ウイルスによって引き起こされた症状が示されました。彼のためにも隔離が準備されました。

最後に、フィリピンでは、XNUMX歳の中国人の少年が入院しました。彼も武漢出身で、発熱、咳、のどの痛みを経験しました。 彼はパンコロナウイルスの影響を受けたことが判明し、現在は医学的観察下にあります。

31月XNUMX日、WHOは、 新規コロナウイルス 組織が実行しようとしていたケースとアクションを説明します。 中国の医師は、同定されたゲノム配列からのコロナウイルス(9-nCoV)によって2019月XNUMX日に引き起こされた肺炎症例のクラスターを報告しました。

コロナウイルス:21年2020月XNUMX日に確認された症例

21年2020月295日現在、合計2019人の4-nCoV感染症例が報告されており、そのうち291人が死亡しています。武漢の270人を含む中国の14人、広東の5人、北京の2人、上海のXNUMX人です。

そして、他のアジア諸国の4件:タイで2件、日本で1件、韓国で1件。 しかし、武漢以外のすべての症例は、この地域での生活または病気との非常に密接な接触に関係しています。

希望は、空港、公共の場所を監視し、何をすべきか、または自分自身を最も保護しないかを人々に知らせることによって、ウイルスの拡散を封じ込めることです。

結論として、現時点では、それがどのように広がり、どのような原因であるかについて明確な情報がないため、気分が悪い場合は医師に相談することができます。