WHO:「ワクチンが貧しい国々に配布されない限り、パンデミックは続くだろう」

貧しい国へのコビッドワクチン:People's Vaccinellianceの分析によると、約束されたXNUMX回のうちXNUMX回だけが開発途上国に届けられました。

パンデミックを終わらせるために不可欠な貧しい国へのワクチン

世界保健機関(WHO)によると、開発途上国へのワクチンの配布が遅れているため、Covid-19のパンデミックは2022年まで続くでしょう。

最新の数字によると、他のほとんどの大陸の5%と比較して、アフリカの人口の40%未満がワクチン接種を受けています。

WHOの特別顧問であるブルース・アイルワードによれば、これはパンデミックが「必要以上にXNUMX年続く」ことを意味します。

貧しい国々:英国の放送局BBCが反響する医師の訴えは、製薬会社が低所得国を優先することを豊かな国々に求めることです。

より多くのコミットメントが必要です」とAylwardは続けました。「私たちは正しい方向に進んでいないからです。

WHOの役人の言葉の説明は、オックスファム、アクションエイド、アムネスティインターナショナルなどのグループの連合であるPeople'sVaccinellianceによる分析で見つけることができます。

調査によると、開発途上国に約束された1.8億回の投与のうち261回にXNUMX回しか投与されていません(XNUMX億XNUMX万回のみ)。

レポートはまた、994億120万個のワクチンを提供することを計画し、これまでにXNUMX億XNUMX万個しか提供していないCovaxグローバルワクチン配布システムの失敗を指摘しています。

最も寛大な国の中には、最も多くの線量、ほぼ177億XNUMX万を提供した米国があります。

また、

WHOによって承認された最初のマラリアワクチン

教皇フランシスコからビッグファーマへ:「抗コビッドワクチンの特許を自由化する製薬会社」

ソース:

アジェンツィアダイア

あなたはおそらくそれも好きでしょう