コロナウイルス緊急事態、米国からのハイチ人68人の追放に対する米国の憤慨

米国はコロナウイルスの緊急事態との戦いに優れていません。 初めて、他の議論の余地のある政治的決定に達したトランプ大統領の過小評価。 これで国から追放された68人のハイチ人の出番です。

コロナウイルスの緊急事態は、米国の健康と社会的支配から手を離したようです。

コロナウイルス緊急事態、米国–ハイチ

この数時間で、米国に住んでいたハイチ市民68人を本国に送還したいという願望が、この選択によって決定されるウイルスの増殖の可能性にもかかわらず、強い憤りを引き起こしています。

実際、米国は330万人の感染者を数え、11万25千人以上が亡くなっています。一方、カリブ海の島は現在、世界で最も貧しい場所であることが確認されており、陽性の確定例はXNUMX人とXNUMX人だけです。

挽き目 マイアミヘラルドレポート この法令に含まれる少なくともXNUMX人のハイチ人が、コロナウイルスの多数の症例が発生した一時的な拘禁施設に住んでいること。

ハイチで活動している人道主義団体、たとえばハイチのパートナーおよびハイスティの正義と民主主義研究所は、この問題をアメリカ議会に持ち込み、MEPに少なくとも一時的にこの追放を阻止するための行動をとるよう求めた。

最初にスピーチしたのは米国下院議員のAndy Levinで、彼のTwitterプロフィールで、ハイチが流行の可能性を管理する可能性は限られていると強調しました。

多くの人の期待は、その常識が普及しているため、公共の 健康 理由は政治的なものよりも優先されます。 そのため、コロナウイルスは、少なくとも一時的には、米国の移住政策を抑制する正当な理由となります。

イタリア語の記事を読む