3コアストレングスを構築するための消防士向けのベストトレーニング

消防士は、消火の高度な訓練を受けた救助者です。 消防士の主な目標は、危険な火を消し、命、財産、環境を救うことです。 それが、消防士のトレーニングがとても重要な理由です。 必需品を見てみましょう!

火災救助選手であることは絶対に必要です。つまり、消防士は定期的に運動する必要があります。 消防士が検討できる3つの演習を次に示します。

最良の部分は、これらのどれも機器を必要としないので、ジムに行く必要はなく、12時間シフト中でもいつでもこれらを行うことができます。

スーパーマンのワークアウト–消防士に最適なワークアウト!

これは、あらゆる運動に対する素晴らしい追加です。 ここでは、孤児を無視した裏側で作業します。 スーパーマンのワークアウトは、運動の問題が痛みや姿勢の悪化を引き起こす不均衡に対処するのに役立ちます。

消防士のためのトレーニング:サイド板

サイドプランクは、エクササイズ中に無視されることが多い、コアの重要な部分である腰の深部の筋肉を強化する数少ないエクササイズの1つです。 これは、これらの厄介な荷物を運ぶ際に非常に役立ちます。

中空体の岩

中空の岩石は、コアの強度と可動性の構築に役立つもう1つの素晴らしいエクササイズです。 毎日中空の岩体を行うことにより、無意識のうちにフィールドにいる間にコア筋肉を利用するように体を訓練しています。


これらのトレーニングをしている間、できるだけ体をまっすぐにしてください。 最低10席を行う必要があり、総トレーニング時間は20分を超える必要はありません。 セットとエクササイズの間には休息が必要です。

消防士のためのトレーニングの利点

強固なコアを構築します。 特に消防士に関しては、中核強度はトレーニングプログラムの最も重要な部分です。 コアは、上半身と下半身を結ぶリンクと考えることができます。 消防士が火を消すために現場に入ったとしても、負傷者を持ち上げようとしても、すべては核心から始まります。

ほとんどの人は、6パックを構築し、50セットのクランチを行うことに集中しています。 クランチは良好で必須です。 問題は、ほとんどの場合、消防士が核心力に不可欠な他の分野を無視することです。

上記のワークアウトは、バランスの取れた強力なコアを構築するのに役立ちます。 これにより、消防士が機動性、姿勢、安定性を高め、バランスを取り、怪我や痛みを軽減することができます。 消防士向けのこれらのトレーニングは、機器を使用せずに、スケジュールに従っていつでもどこでも練習できます。

ほとんどの消防士が直面する一般的な問題の1つは、完璧なトレーニングスケジュールを見つけることです。 ここでの問題は緊急サービスにあります。 消防士は、一定の時間にジムやワークアウトで毎月のメンバーシップを購読することはできません。

たとえそれができたとしても、勤務中、特にそれが本当に重要である間も、彼らはうまく機能できるはずです。 非常に効果的で、シフト中であっても実行できるこのようなエクササイズをルーチンに含めることをお勧めします。