鳥小屋の警告: ウイルスの進化と人的リスクの間

鳥インフルエンザの現状と推奨される予防策の詳細な分析

対策 鳥インフルエンザの脅威

鳥インフルエンザ 鳥に感染するインフルエンザウイルスによって引き起こされます。 1つの株、 A/H5N1 ウイルス of クレード 2.3.4.4b、科学者によって監視されており、懸念されています。これまでのところ病気になった人はほとんどいないが、私たちのような哺乳類に適応して広がる可能性がある。病気の専門家からの報告によると、このウイルスはさらに広範囲に蔓延していることがわかっています。

A/H5N1 ウイルスの進化

その進化に伴い、 新しい株が変異するリスクが高まる 人間を含む哺乳類の間で簡単に感染します。このウイルスはすでにさまざまな野生および家畜の哺乳動物に感染する可能性があります。しかし、現時点では哺乳類から哺乳類への感染やヒトへの感染力の増加の証拠はありません。さらに、 ほとんどの人間は抗体を持っていません A/H5ウイルスを中和する能力があります。そのため、私たちはこれらのウイルスによって引き起こされる潜在的なパンデミックに対して脆弱になります。

バイオセキュリティの問題

鳥インフルエンザの流行は、私たちに改善の必要性を告げています 農業におけるバイオセキュリティ。病気の動物や人々が感染した鳥にどのようにさらされるかを管理することが重要です。私たちは動物と人間の健康を監視しなければなりません。また、ウイルスの遺伝子を調べ、そのコードに関するデータを共有する必要もあります。これらはインフルエンザの蔓延を防ぎ、ウイルスがどのように変化しているかを理解するのに役立ちます。

現時点では、人が鳥から A/H5N1 インフルエンザに感染するリスクは高くありません。しかし ECDC および EFSA 物事は急速に変化する可能性があると言う。依然として鳥インフルエンザに感染する人もいる可能性があるため、私たちは常に備えておく必要があります。公衆衛生を守るための警戒を緩めたり、措置を怠ったりすることはできません。もしそうなら、新たな世界的な健康上の緊急事態が始まる可能性があります。

ソース

あなたはおそらくそれも好きでしょう