大麻と健康:合法化と医療使用の間

合法化、医療用途、健康への影響: 世界的な議論における大麻

大麻多面的な側面を持つ植物である大麻は、医療と娯楽の両方の分野で世界的に注目を集めています。一部の国では大麻の完全合法化に着手していますが、他の国では大麻の治療的使用を規制しており、新たな視点が提示され、その安全性について疑問が生じています。

健康への影響:良い面と悪い面

多くの場合、「天然」で安全な物質であると認識されているにもかかわらず、 大麻は身体や メンタルヘルス最近の研究では、認知障害、精神病、うつ病など、さまざまな潜在的な問題が浮き彫りになっています。特に懸念されるのは、物質誘発性精神病を経験した人の最大 3 分の 1 が、後に統合失調症というより永続的な症状を発症する可能性があることです。

さらに慢性的なマリファナの使用は、歯肉肥大などの口腔衛生上の問題を引き起こす可能性がある。専門家は、脳が重要な発達段階にある青少年の精神衛生への影響を特に懸念している。青少年の常習的大麻使用者は、非使用者に比べて成人初期までにうつ病を発症する可能性が37%高い。

しかしながら、 すべての研究が身体の健康に悪影響があることを示しているわけではない最近の双子に関する研究では、大麻の摂取は心臓血管疾患やその他の身体的健康問題とは関連がないことがわかった。これらの研究結果は、特に若者の健康リスクを禁止維持の主な理由として挙げる禁止論者の主張とは対照的である。

合法化:世界的な現象

このアプリケーションには、XNUMXµmおよびXNUMXµm波長で最大XNUMXWの平均出力を提供する 大麻に関する規制状況は世界中で大きく異なるカナダ、マルタ、南アフリカ、ウルグアイなどの国では娯楽目的での使用が合法化されているが、イタリアなどの国では医療目的での使用のみが許可されている。しかし、ブラジルの最近の最高裁判所の判決により、個人による大麻栽培は非犯罪化された。

進歩にもかかわらず、 国連国際麻薬統制 教育理事会 (INCB)は、大麻産業が「特に若者に対してリスク認識を減らすような方法で」製品を宣伝し、薬物使用の増加を煽っていると懸念を表明している。さらに、データによると、大麻が合法化されたすべての管轄区域で、その消費に関連する健康問題が増加している。

医療用途:新たな領域

娯楽目的以外にも、大麻は 医療アプリケーション現在、医療用大麻はアルゼンチン、オーストラリア、カナダ、ドイツ、イタリア、イスラエル、ウルグアイを含む50か国以上で合法化されています。これらの国では、慢性的な痛み、化学療法による吐き気、 嘔吐、多発性硬化症関連の筋痙縮、睡眠障害などがあります。

治療の可能性にもかかわらず、 医療用大麻は依然として議論の的となっている一部の専門家は、その効果を完全に理解し、患者の安全を確保するためにさらなる研究が必要であると強調しています。

複雑な問題

大麻は、その相反する健康効果により、医療目的の使用を規制する国もあれば、娯楽目的の使用を合法化する国もあり、世界的な現象になりつつあります。精神的および身体的健康問題を強調する研究がある一方で、大麻の摂取は深刻な身体的健康への影響とは関連がないと示唆する研究もあります。 この複雑さには、バランスのとれた証拠に基づくアプローチが必要である。 医療目的と娯楽目的の両方で大麻のリスクと利点を完全に理解するため。

ソース

による画像 ジュリア・タイヒマン から Pixabay

あなたはおそらくそれも好きでしょう