燃え尽き症候群、ストレス、不安:精神的健康を守る方法

救助隊員は皆、緊急事態に最善を尽くすために心身を健康に保つことがいかに重要であるかを知っている。

燃え尽き症候群の原因と症状

燃え尽き症候群、または「仕事による燃え尽き症候群」は、精神的および肉体的資源の進行性の枯渇を特徴とする慢性的な仕事関連のストレスの状態であり、次のような症状がみられることがあります。

  • 慢性疲労と倦怠感:典型的な「ガス切れ」の感覚、休んでも解消されない倦怠感
  • 皮肉と感情的分離:仕事に対する熱意とモチベーションが徐々に低下する
  • 効率と生産性の低下:集中力の低下、仕事のパフォーマンスの低下、ミスの増加
  • 睡眠と摂食障害:不眠症、神経性の空腹感、食欲不振
  • 心身症の症状:頭痛、筋肉痛、消化器疾患

一般的に、この危険な症候群の主な原因としては、実際のまたは認識された仕事の過負荷、無力感と制御の欠如、職場環境における適切な認識、公平性、コミュニティへの帰属意識の欠如、そして最後に仕事の文脈内での価値観の衝突が挙げられます。

燃え尽き症候群にどう対処すればいいのでしょうか?

燃え尽き症候群に対処する最善の方法は、職場でのライフスタイルと生活様式を変えることです。職場で同僚や上司と良好な関係を築き、私生活と仕事の適切なバランスを見つけ、優れたストレス管理ツールとなる身体活動やスポーツに従事し、最後に、当然のことですが、休息して自分の時間を取ることが必要です。時間の不足や一般的な不可能性のために、これらのことを達成するのが難しいように思える場合でも、自分自身の健康とセルフケアは、私たちが世話をしている人々の健康と同等に重要であり、さらに健康状態が悪いと、他の人を助ける能力も損なわれることを覚えておく必要があります。

極端な場合には専門家に相談する

燃え尽き症候群の症状が重く、自力で問題を解決することがほぼ不可能な場合は、その分野の専門知識を持つ専門家に相談することをお勧めします。実際、専門家の助けは、問題をよりよく理解し、問題に対処するための有用なツールを開発するのに役立ちます。

ソースと画像

 

あなたはおそらくそれも好きでしょう