水救助犬:彼らはどのように訓練されていますか?

救急犬やライフガード犬の訓練は、命を救うために非常に重要です。 世界中で犬は救助者にとって常に不可欠でした。

水の救助犬は、救助ミッションで長い間知られており、使用されてきました。 この一般的なカテゴリには、特定の救助犬ユニットがあり、これは匂いによる研究に対処しませんが、主な目的として救助者への身体的支援の行為を含みます。

したがって、救助犬だけが仕事をするだけでなく、正確にペアの犬のトレーナーです。 これは、犬がトレーナーの命令を理解して実行し、負傷した人や水に困っている人をミッションとして回復するのに役立つからです。

水救助犬は何をしますか?

ウォーターレスキュードッグは、市民保護とシーガードをサポートするレスキューユニットに分かれています。 当初、水救助犬は ニューファンドランド犬ラブラドール。 長年にわたって、「ライフガード犬」または「ベイウォッチドッグ」の名前は無駄にされてきました。 しかし、犬の教育とさまざまな品種の本当の能力に関する研究の発展により、他の種族の何百匹もの犬が活動するようになりました。

トレーニングは非常に重要です。 犬とそのトレーナーが本当のチームになることができ、水中での作業が調和と安全性を保証する関係になります。

救助犬は、助けを求める人に泳ぎ、入浴者を困らせ、1人または複数の人を同時に海岸に連れて行き、短距離と長距離の両方で作業します。 一部のユニットは、ヘリコプターで動作するように訓練されているか、救助車両に乗って救助活動を実行しています。

正しい救急犬はどれですか?

すべての救助地域で、犬は患者と救助者を支援する上で非常に重要な役割を果たします。 これは、トレーナーから与えられた正確な注文を実行するための彼らの肉体的な資質、意志および彼らのスキルのおかげで可能です。 私たちは救命犬としての主な品種であるニューファンドランド犬について学ぶことに慣れています。

それは強力な犬であり、同時により多くの人々を牽引することができます(必要に応じてボートでさえ)、抵抗力のある犬です。 何時間も長距離を泳ぐことができ、寒さの影響を受けないため、すぐに使用できます。 彼は落ち着いた犬であり、bath浴の危険性やandれの危険性の後の不安の危機においても、入浴者を安心させることができます。 結局、それはどんな犠牲を払っても彼の使命を遂行したい粘り強い犬です。

読んだりする

迅速な展開訓練のための職場での雪崩捜索救助犬

トレーニングとスキル:入院前の設定で改善をアレンジする方法?

フィリピンでの救急医療サービスの訓練

AURIEXへのインタビュー - 戦術的な医療避難/訓練および大量出血管理

ロサンゼルス郡の火災SARの犬ネパールの地震の援助を支援

アラスカメディカル