伝染性コロンウイルス:Covid-112感染の疑いがある場合に19に電話した場合の発言

コロナウイルスは伝染性であり、世界のあらゆる場所でこれを準備し、十分に認識しなければならないことを理解しました。 何よりも、EMSディスパッチャーに電話してcovid-19感染の疑いがある場合に、EMSディスパッチャーにその発言方法を知っておくことが重要です。

最近、イタリアはこの予期せぬ予測不可能な健康上の緊急事態に揺さぶられています。 明らかにコロナウイルスまたはcovid-19に言及しています。 運用センター112の数は、症状が現れる前であっても、何が起こっているのかを心配しているイタリア市民の多くの呼びかけに対して本当に暑いです。

仮定から始めましょう。これは誰もが知っている良いことです。イタリアの場合のみ、コロナウイルスの公益事業者番号は112ではなく、118ではなく1500です。

12/118は、例外なく救急車または緊急医療介入が必要な場合にのみ使用する必要がある番号です。 多くの地域が独自の専用番号を設定しています。これは イタリア保健省のページへのリンク。 もちろん、リストは更新されます。

しかし、112に電話する必要がある場合、またはガイドラインがまだ確立されていない場合、電話の反対側のディスパッチャに何を言って、簡単かつ迅速に応答する必要がありますか?

この記事は、パルマが日曜日の夜から赤色の領域に分類されるかのように、「赤色の領域」で書かれています。 そのため、私たちはパルマ(エミリア=ロマーニャ)のポリツィア市(警察)の検査官にインタビューしました。彼は現在、デボラヴェルティのパルマの緊急対応センターから正確に離れています。

伝染性コロナウイルス:この機会に、このリストについてデボラに感謝します。

  • 緊急対応センターに電話するとき、何を言う必要がありますか?
  • あなたは誰ですか
  • どこから電話をかけていますか(市、住所、近所)
  • 何が起こった
  • 発生場所(市、正確な住所、参照地域)
  • 問題の存在/影響を受ける人数

それは本当に重要です 普通の市民は、ディスパッチャによって尋ねられた質問に冷静に答えることの重要性を理解している:彼/彼女は尋問をしていない。 彼/彼女は問題をよりよく特定できなければならず、唯一の説明は電話で話している市民です。

したがって、それも重要になります。

電話番号を入力します(回線が切れた場合に折り返し電話します)

イベントの場所(町、通り、家)を示します:呼び出しの場所に対応していない場合があります。 たとえば、車内での交差点事故を考えてください。

何が起こったのか(病気、事故、突然の失神など)を説明し、事実を目撃した場合は、見たものまたは見たものを報告する

関係者の状態を伝える:彼は反応し、呼吸し、意識があり、出血し、痛みを訴え、混乱している/覚えていないなど。

特定の状況を伝える:小さな子供、妊娠中の女性、高齢者、外国語を話す人、またはよく知らない人、既知の病気(心臓病、喘息、糖尿病、てんかんなど)を持つ人、またはまったく知らない人前に見たが助けが必要

伝染性コロナウイルス/ Covid-19:すべきこととすべきでないこと

何をすべきか?

基本:落ち着いて、できるだけはっきりとはっきりした口調で話す

してはいけないことは?

パニックになるな
他の回線で取得できる情報のために専用の緊急回線を詰まらせないでください

読む イタリアの記事