脳卒中の症状、COVIDロックダウンのために一人で住んでいる人の問題の緊急呼び出しはありません

脳卒中の疑いがあるケースに対する多くの緊急コールは、症状が過小評価されているため、完了していないか、遅れて到着します。 または、緊急通報は患者ではなく、周囲の誰かによって行われます。 さらに、COVID-19が原因で、多くの人が独り暮らしになり、これがこの問題に大きな懸念を引き起こしています。

過去数か月の緊急通報は、特に世界中で、COVIdに関連する疑いのあるケースを対象に行われました。 しかし、人々に影響を及ぼし続けているがあまり考慮されていない他の病気があります。 これらのXNUMXつはストロークです。

COVID-19の間、緊急事態は脳卒中の遅れを要求します、何が問題ですか?

統計によると、COVID中、脳卒中の疑いでEMSに電話した人の割合は低くなっています。 セントルイスのワシントン大学医学部によると、パーセンテージは40%に低下しました(記事の最後にある研究リンクを見つけてください)。 脳卒中の症状を認識することは絶対に非常に重要ですが、最も重要なのは、それを過小評価せず、すぐに緊急電話番号に電話をかけることです。

この研究では、米国では毎年800,000万人近くが脳卒中を経験していると報告しています。 実際、人々が突然脳卒中をやめたと信じることは不可能です。 また、数が減り、病院が圧倒されなかったCOVID期間中にドロップが登録されたという事実は、患者が治療を受けることが異常に困難であることに気付くべきではなかったという事実です。

脳卒中の症状が疑われる患者と緊急電話の反応

Emergency Medicine Journalは、脳卒中症状のある患者が一人である場合、反応は彼らが家族や友人に話しかけるときに助けを求めているだけで無視しようとしていると報告しています。 以前の研究では、脳卒中症状のある人の意思決定プロセスの能力を分析しており、症状に関する事前の知識だけでは、迅速な行動を開始するには不十分であることが確認されています。

脳卒中に対する国民の認識によると、研究への参加者の18%だけがEMSを呼び出すと述べた。 つまり、27人です。 一部の症状は脳卒中とは関係がないため、何もせずに、または少し休むことなく症状が消えるという考えです。

COVID-19の間の緊急事態は脳卒中を要求します、ロックダウン中の人々や孤独な人々はどうですか?

世界中の多くの人々がロックダウン生活を送っているか、COVDを発症したために家にいなければなりません。 私たちは脳卒中の大多数の人々が自分で緊急通報をしないと述べました。 多くの場合、心配しているのは親戚や友人です。 では、脳卒中患者が一人でいる場合はどうすればよいですか?

情報は不可欠です。 意識は不可欠です。 しかし、違いをもたらすことができるのはそれだけではありません。 たとえば、NHSは労働慣行に急速な変化をもたらしました。 目的は、COVID期間中に治療を受けることで、できるだけ多くの人々を安心させることです。 実際、救急車やヘルスケアや医療施設でのコロナウイルス感染を恐れているため、緊急電話番号には電話をかけません。

読んだりする

急性脳卒中センターへの患者経路設定のための簡単なプロトコール

シンシナティの入院前脳卒中スケール。 救急部での役割

脳卒中の疑いがある場合に地域または国の緊急番号に電話することの重要性

出典と参考文献

COVID-40の大流行中、脳卒中の評価は19%近く低下

NHS脳卒中の概要:住民への呼びかけ

急性脳卒中の発症時に緊急電話をかけることの発信者の経験:定性的研究

コメントは締め切りました。