森林火災:その予防と消火

暑い季節が到来し、気温がますます高くなると、森林火災の脅威が再び高まり、植生や野生生物、そして民間人が深刻な危険にさらされる。

救助隊員として、私たちは森林火災が私たちの環境、民間社会、そして私たち自身の安全にどれほど深刻な脅威をもたらすかを知っています。暑い季節と高温の到来とともに、この脅威と闘い、最も深刻な被害を防ぐための準備が必要です。

予防:大惨事に対する最初の武器

森林火災に対する第一の武器は予防です。何よりもまず、火のついたタバコを投げたり、枝を燃やしたりするなどの不注意な行動に伴うリスクについて住民に警告し、教育することが重要です。これに加えて、防火帯を設け、乾燥した植物を定期的に除去し(特に干ばつの時期)、衛星技術やセンサーを活用した早期警報および監視システムを導入する必要があります。

森林火災発生時の手順と戦略

最善の予防策を講じても、森林火災の発生を完全に防ぐことはできません。そのため、災害が発生した場合には、救助隊員は継続的な教育と訓練、適切な対応を通じて、十分な準備と装備を整えておく必要があります。 装置.

救助隊員の装備

消防救助隊の装備には以下のものが含まれます。

  • ヘルメット: 丈夫で耐熱性があり、火花防止バイザーと安全な保持システムを備えています。
  • ジャケットとパンツ: 難燃性、耐熱性の素材で作られており、腕、脚、胴体のプロテクターが付いています。
  • 手袋: 耐熱性、耐切創性を備えた皮革または合成素材で作られており、指と手のひらに補強が施されています。
  • ブーツ: 防水、ふくらはぎ丈、滑り止めソールと補強付き
  • 呼吸用マスク: 煙や微細な粉塵を除去する

これに加えて、介入中に役立つツールと器具のリストを以下に示します。

  • : 頑丈で軽量、防火帯を作るための鋭い刃付き
  • 火を打つ者: 耐火性素材で作られており、小さな火を消したり、木から炎を落とすのに便利です。
  • バックポンプ: 水や消火液を散布するためのホースと調節可能なランス付き
  • ブロワー: 特定のエリアから煙や炎を遠ざけたり、安全地帯を作ったりするため
  • 見た: 小さな枝や丸太を切るのに
  • ビルフック: 茂った植生を刈り取り、通路を作るのに
  • シャベル: 消火活動に有用な土砂やその他の資材を移動させるため
  • : 大きな木や枝を切る場合
  • 懐中電灯: 視界不良の場合に備え、防水性と高出力を備えたLED
  • ホイッスル: 自分の位置を知らせたり、チームメイトに指示をしたりするために
  • 万能ナイフ: 小さな修理やロープや​​ウェビングの切断に
  • ウォーターボトル: 消火活動中の水分補給のための飲料水
  • ポータブルラジオ: オペレーションセンターや他のチームメンバーとのコミュニケーション用
  • GPS: 地形の方向を把握し、緊急時に支援を要請するため
  • 応急処置 キット: 怪我や外傷の際の応急処置に
  • 安全標識: 危険区域をマークし、緊急車両に自分の存在を知らせるため

ソースと画像

あなたはおそらくそれも好きでしょう