南スーダン:和平交渉にもかかわらず銃弾による怪我は依然として高い

南スーダンの国際赤十字委員会(ICRC)が支援する外科ユニットに入院し、暴力による怪我を負った患者の数は、和平協定の調印後10ヶ月で依然として高い。

8 JULY、JUBA - ICRCが支援する2つの施設で銃弾やその他の武器による怪我の数がわずかな減少を見せている(前年同期比では同じ)。 9月の平和協定2018。 最近の6ヶ月間に入院した患者の97%が銃による傷を負っていました。これは高い有病率と銃器への容易なアクセスのしるしです。

「我々は紛争に対する当事者間の闘いの低下を見てきました。これは非常に有望な兆候です。 しかし、主に牛の襲撃や復讐の殺害に関連した公衆間の暴力は、驚くべきレベルで命を脅かし続けている」とICRCの代表団長であるJames Reynoldsは述べた。 南スーダン.

女性と子供は特に脆弱なまま; 10 10月から1 3月までに見られた患者の約2018パーセント31は2019歳未満の子供でしたが、15パーセントを超えたのは女性でした。

南スーダン 火曜日に8年間の独立を記録する。 ここ数カ月で、多くの居住者が海外または国内の他の地域から帰国しました。 同時に、 市外間の暴力により、何千人もの南スーダン人が自宅を避難することを余儀なくされた。 50,000以上の家族が持っています 種を受け取った 年の初めからICRCからのツールが、安全のために家を出た人々は彼らの作物を収穫することができないでしょう。 何百万という南スーダン人はすでに深刻な食料不安に直面しています。

「南スーダン人にとって、安定は何年もの紛争からの回復にとって鍵となるでしょう。 どんな形態の暴力でも、通常の平和な生活から彼らを防ぐことができます」と、Reynoldsは言いました。 「私たちは暴力の影響を受けている地域社会に緊急援助を提供し続けますしかし、私たちは、ただ生き残るだけでなく、人々が回復し繁栄するのを助けるためにより多くの努力を払うことを望みます。」

SOURCE