米国の救急医療システムを理解する

アメリカの救急医療サービス (EMS) システムの複雑さ

米国 救急 (EMS) システムは高度に多様化および分散化されており、幅広い医療緊急事態に対応できるように設計されています。アメリカの EMS は、さまざまな組織によって調整されたネットワークです。緊急管理組織のほかに、医療サービス提供者や公衆衛生機関もあります。このシステムと連携して、患者が病院に到着する前に救急隊員や救急医療技術者による予備介入を通じて医療が提供されることもあります。 EMS.gov によると、EMS チームは通常、医療上の緊急事態に最初に対応し、入院のずっと前に患者の転帰を構造的に確立するケアを提供します。

EMS の進化と歴史的背景

米国のEMSシステムは、 創業以来の大きな変革。当初、輸送サービスは初歩的なもので、最小限の医療準備をしたボランティアによって提供されることもありました。本当の転換点は 1960 年代、特に 1970 年代に米国科学アカデミーが次のような報告書を発表したときに起こりました。偶発的な死と障害:無視された現代社会の病気」と、救急医療を標準化するための即時行動を要求した。これにより、正式な EMS システムの創設、救急救命士と救急救命士のための高度な医療訓練の導入、国家基準の採用が行われました。

組織的および財務的側面

しばしば、 特定の場所におけるEMSサービスの組織構造と資金調達には、かなりの多様性が見られます。。さまざまな状況や構造において、EMS システムの重要な要素は、機関や組織、通信や輸送のためのネットワーク、センターや施設、適切な訓練を受けた職員など、区別できます。毎日の、そしてあらゆる種類の緊急事態において、証拠に基づいた実践を行うためには、全国的な EMS コミュニティにとってデータが不可欠です。同様に、EMS システムは複雑な構造であり、慎重な計画、準備、およびすべての関係者 (地方自治体、州、連邦機関) からの説明責任を必要とします。

EMSシステムの課題と今後

EMS システムは、資金調達、継続的なトレーニング、他の医療分野との統合など、一連の課題に直面しています。の コロナ パンデミックはケアにも複雑さをもたらしており、遠隔医療やその他の形態の遠隔支援を開発する必要性が示されています。米国は他の同様の国と比べて依然として高い医療支出を抱えています。しかし、高額支出の結果として、すべての国民のより良い健康が常に保証されるわけではありません。 さまざまな格差が存在する米国では、ケアへのアクセスが依然として大きな問題となっている。収入が低いマイノリティーが不当に影響を受ける.

結論として、米国の EMS システムは依然として国の医療安全保障にとって重要な候補ですが、現在の時代の根本的な課題に効果的に対処するには継続的な改善と修正が必要です。他の医療サービスとの緊密な連携を確立し、最新技術を導入し、ケアの利用可能性を高めることはすべて、緊急事態が発生したときにすべての国民が支援を受けられるようにするために不可欠です。

ソース

あなたはおそらくそれも好きでしょう