エアバスヘリコプター、Racerの高速デモンストレータ構成を明らかに

Marignane、20 June 2017 - エアバスヘリコプターズは、パリのエアショーで、クリーンスカイ2欧州調査プログラムの一環として開発中の高速デモンストレータの空力的構成を本日発表した。 Codenamed Racerは、迅速で費用対効果の高いロータークラフトのために、このデモンストレータには数々の革新的な機能が組み込まれており、400 km / h以上の巡航速度に最適化されます。 スピード、コスト効率、サステナビリティ、ミッションパフォーマンスのトレードオフを達成することを目指します。 デモンストレーサーの最終組立は2019で開始され、来年初の飛行が予定されています。
エアバスヘリコプターズCEOのギョーム・ファウリー(Guillaume Faury)は次のように述べています。「今日、我々は高速回転翼機の未来に対する大胆なビジョンを発表しました。 「この新しいプロジェクトは、クリーンスカイ2イニシアチブを通じて数十の欧州パートナーのスキルとノウハウを結集し、シンプルで安全で実証済みの空気力学式により、スピードとレンジを適切なコストで実現することを目指しています。 高速ヘリコプター輸送の新しい基準を設定し、2030以降の新しい時間に敏感なサービスを提供します。
Racerデモンストレータは、安全性とコスト効率を確保するためのシンプルなアーキテクチャを基盤に構築されます。 空気力学的効率に最適化された革新的な「ボックスウイング」設計は、クルーズモードでリフトを提供し、前方操縦で推力を生成するように設計された「プッシャー」側ロータから地上運転中に乗客を隔離する。
パフォーマンスと低音響特性に最適化されたこれらのサイドローターとメインローターは、2つのRTM322エンジンによって駆動されます。 「エコモード」はエンジンメーカーが試験し、エンジンの電気的な「始動と停止」を実証し、燃料節約と飛躍的な飛躍を実現します。 レーサーのデモンストレーターは、軽量で低コストのために設計されたハイブリッド金属複合機のメリットも享受します。 また、軽量化に大きく貢献する新しい高電圧直流発電も装備されます。
伝統的なメインローターと革新的なサイドローターを組み合わせた "複合"空気力学的構成を検証した自己資金のX3デモレーターの成功を基にして、Racerプロジェクトはこのコンセプトを運用設計に近づけ、スピードと効率の向上が市民や運営者にとって大きな付加価値をもたらすミッションの幅広いスペクトラム。 これは特に、緊急医療サービス、捜索救助活動、公共サービス、商業航空輸送、民間航空およびビジネス航空の場合に当てはまります。