スズキジムニー、超小型4WDがカラビニエリ隊に登場

Carabinieri Corpsは20の新しいSuzuki Jimny車両を選択しました。 アルパインおよびアペニン地域のさまざまな部門が日本の4WDを使用します。

Carabinieri Corpsは、手が届かないエリアや到達が難しいサービス向けの新しい味方を備えており、実際の4WD軽量、コンパクト、耐久性が必要です。 新しいスズキジムニー1.5 4WDについて話します。 ジムニーは小型のオフロード車であり、ビーコンと搭載機器を備えています。 体は、フォカッチャグループによって変更されました。 カラビニエリのジムニーは、「ラジオモービル」ユニットとして動作し、欧州標準のサイレン、照明、アクセサリーを装備しています。

複雑な地域で活動する軍隊のためのスズキジムニー

「不均一でアドヒアランスの低い資金に関しては、ジムニーは優れた同盟国になるでしょう」とアントニオ・ジャネス将軍は語り、媒体のコンパクトさと汎用性の特徴を賞賛しました。
合計20車両が準備されます。すべて4×4トラクションがあり、オフロードにより多く参加する必要があるエリアのコントロール用です。 国立公園、アペニン地域、アルプス山脈は、主にジムニーが職場で見られる地域です。

鈴木家の小さな家には、古典的な青のカラーリングとLedビーコンと2トーンのサイレン(ボンネットの下に収められています)があります。 グリルの下部には、2つの青い点滅LEDが組み込まれています。 中央の回転式ヘッドランプは多方向で、内部にはラジオ用のスペース、短い武器、非常灯、超強力なランプ用のカップリングがあります。 内部にはゴム製マットと2つの追加サポートが取り付けられています。 ジムニーにはすでにM + Sタイヤが装備されていますが、車には消火器とスノーチェーンも装備されています。

強力なエンジンですが、カラビニエリはエコロジーの例でもあります

また、サイドメンバーシャーシをベースにした新世代のジムニーは、1.5 hp、130 Nm、102 hp吸引ガソリンエンジンを搭載しています。 ギアボックスはギアを減らした5速マニュアルであり、トラクションは従来からすべての地形です。 スズキのコンセプトは、後輪駆動から始まります。 通常の状態では、車は後輪駆動で走行しますが、オフロード走行では、前輪駆動を挿入して4×4モードで手動で移動できます。 しかし、日本の南から、コンパクトなオフロード車が到着するだけではありません。 Carabinieri Corpsは、55 hpを搭載した1.2 Ignis 90 Dualjet All Gripsを、(軽度の)ハイブリッドテクノロジーを使用した4×4バリアントでフリートしようとしています。

コメントは締め切りました。