心肺蘇生法:LUCAS胸部コンプレッサーの管理

LUCAS胸骨圧迫:心肺停止は、いつでも、どこでも、誰にでも影響を与える可能性があります。 ヨーロッパでは毎年、住民17万人あたり53〜100,000人の院外心肺停止(CRP)が治療されています。

院外環境でCPAを受けた患者の生存と生活の質は、実行される心肺蘇生法(CPR)の応答時間と質に密接に関連しています。

欧州蘇生協議会(ERC)は、可能な限り中断を少なくして高品質の胸骨圧迫を行うことを推奨しています。

救助者は最初の2分間で質の高い操縦を行うことができます。 それらの有効性は時間の経過とともに4.5減少します。

除細動器と胸部コンプレッサー、緊急博覧会でEMD112スタンドをご覧ください

長年にわたり、LUCAS TM 2(Lund University Cardiac Assist System)を含むいくつかの機械式胸部コンプレッサー装置が開発されてきました。

LUCAS TM 2は、高品質の胸骨圧迫を提供するように設計されたデバイスであり、救助者を解放するという追加の利点があります。

もちろん、機械であるため、ストレスや倦怠感の影響を受けず、蘇生中の最適な胸骨圧迫を保証します。

手動CPRと比較して、このデバイスは、呼気CO 2値7や脳血流量8,9などのいくつかのパラメーターを改善し、その使用に関連する追加の損傷は観察されません10。

比較的軽量(7.8 kg)であるため、病院外の環境で突然死した患者を治療するための理想的なデバイスです。

LUCAS TM 2は、胸の中央、ほぼ手のかかとが配置される場所に吸盤が配置されたピストンメカニズムに基づいています。

この装置は、毎分5.2回の圧迫の速度で胸部を約102 cm圧縮するのに必要な力を発揮し、その吸盤のおかげで胸部を積極的に減圧し、胸部ポンプ機構を生成します。

ピストンは、上部にある充電式リチウムイオンバッテリーからエネルギーを受け取ります。自律性は約45〜50分で、ハンドコントロールの横にあるインジケーターに反映されます。1つのLEDがあり、バッテリーがオフになるとオフになります。バッテリーが消耗しそうになると、最後のXNUMXつがオレンジ色に点灯します(図XNUMX)。

バッテリーは、デバイスに標準で付属している220 V充電器を使用して、動作中のデバイスで充電できるため、通常、追加のバッテリーは必要ありません。

バッテリーを交換する必要がある場合、デバイスは設定されたパラメーターを60秒間保存します。その後、新しいバッテリーが挿入されるとLUCAS TM2が再起動します。

LUCAS TM 2は特別なメンテナンスを必要としませんが、年間サービスをお勧めします

デバイスのIP43定格は、IEC 60529に準拠しており、動作温度は0〜40°C、保管温度は0〜70°Cです。

LUCAS TM 2にはファンが内蔵されており、デバイスが外部温度を大幅に上昇させることなく、連続動作により温度が上昇したときにデバイスを冷却するために作動します。

このデバイスの使用は、CPR操作が示されているCPAを受けた患者に、それが発生した部位でのCPAの治療と、潜在的に危険な状況での患者の病院への移送の両方で示されます。 リバーシブル、外来では治療できません。

さらに、院外CPAを生き延びておらず、心静止の潜在的なドナーである可能性のある患者の病院への移送に使用され、病院への移送中に胸部圧迫を実行します。心筋梗塞に続発するCPA患者の心臓カテーテル検査中に胸部圧迫を行うためにそれを使用する研究所。

この装置は、前後径が17〜30.3 cm、幅が45 cm未満の胸部を持ち、体重制限がなく、成人人口の95%以上とほとんどの青年を含む患者に適しています。

妊娠中の女性にも使用できます。

患者がCPRにあることが確認されると、CPR操作が開始されます。

2人の乗組員のうちのXNUMX人は、バッグから取り出すときに電源ボタンを押してLUCAS TMXNUMXを準備する責任があります。

準備ができたら、操作を停止し、黄色いバナナの形をした錠剤を患者の下に注意深く置き、上端が脇の下になるまで配置します(図2および3)。

LUCAS TM .2の上部を準備している間、胸骨圧迫が継続されます。

デバイスの上部から、サイドアームのリングを引いてロックを解除します。

まず、蘇生器に最も近いフックをフックし、必要に応じて蘇生操作を再度中断して、反対側のフックを終了します。

一度上に引っ張って、両側がしっかりと取り付けられていることを確認します。

電源を入れた後、デバイスは「調整」位置に留まり、4本の指を使用して吸盤を特定の圧縮ポイントに配置します(図XNUMX)。

正しい位置が確認されたら、ボタン2を押してピストンを目的の位置に固定し、ボタン3を押して圧縮を開始する必要があります。

このボタンには、患者が隔離された気道で換気されているか(「連続」)、換気されていないか(「30:2」)に応じてXNUMXつのオプションがあります。

患者が蘇生バッグとゲデルカニューレ、または声門上装置(喉頭マスク、Fastrach®)で換気されている場合、LUCAS TM 2は30:2モードのままです。

30回の圧迫ごとに、デバイスは4秒間停止し、XNUMX回の換気を可能にします。

喉頭鏡検査またはFastrach®マスク(圧迫を停止せずに実行する操作)を介して患者に挿管する場合は、挿管したら、LUCAS TM2を停止せずに連続圧迫ボタンを押すと、その期間中実行されます。再起動の。

自動体外式除細動器または手動除細動器のいずれかを使用したリズム分析、および必要に応じて分析直後に圧縮を継続することによる脈拍検証では、一時停止ボタンのみが押されます。 除細動 が示されている。

LUCAS TM 2の大きな利点の11つは、胸骨圧迫を停止することなく患者を除細動できることです。これにより、除細動からの自発循環の回復率が向上しますXNUMX。

デバイスが作動している状態で蘇生期間中に患者を移送することにした場合は、患者をできるだけ水平に保つ必要があります。

LUCASTO2には、デバイスに取り付けて患者の後ろに通すストラップがあります 、これは、患者が頭を持ち上げて傾けられたときに、デバイスが腹部に向かって移動するのを防ぎます。

ただし、手術中のピストンの変位が患者を傷つける可能性があるため、最良の選択肢は、患者を水平またはほぼ水平の位置に保つことです。

一度に 救急車、デバイスは患者に取り付けられているため、特別な固定は必要ありません(図5)。患者はストレッチャーの固定ストラップで標準的な方法で保持する必要があります。

LUCAS TM 2は、デバイスを患者から外さずに、時速30kmの救急車を使用した衝突試験でテストされました。

救急車を運転するときは、すべての救急医療技術者に知られている輸送病態生理学の最小限の規則に従う必要があるだけです。

LUCAS TM 2デバイスの使用は、2002年に最初の(加圧ガス燃料)バージョンが発売されて以来、世界中に広がっています。

今日、米国からカタール、そしてヨーロッパ中の世界中の緊急システム、緊急サービス、血行動態研究所がそれを使用しています。

スペインでは、その使用は緊急システムに一般化されていますが、マドリードのSistemad'EmergènciesMèdiquesdeCatalunya(SEM)とSUMMAは、当初は寄付プログラムの胸部コンプレッサーとしての使用を開拓しました。 SUMMAのMateosetalとSEMのCarmonaetalは、心静止の寄付プログラムとCPR9,12-4を受けている患者の両方での使用について科学雑誌に発表しています。

LUCAS TM 2の有効性を評価するために、スペインとヨーロッパで現在いくつかの臨床試験が進行中です。

結論として、LUCAS TM 2デバイスは、心停止中に発生する可能性のあるさまざまな状況で高品質のCPRを実行できる胸部コンプレッサーです。

取り付けと取り扱いが簡単で、2002年の発売以来、世界中で広く使用されており、有望な結果が得られています。

参考文献

  1. Grasner JT、Herlitz J、Koster RW、Rosell F、Stamatakis L、Bossaert L. Gestionedellaqualitànellarianimazione– Verso un registro europeo degliastericardici(EuReCa)。 リアニマジオーネ。 2011; 82:989-94。
  2. Wik L、Steen PA、Bircher NG、Laqualitàdellarianimazionecardiopolmonare degliastantiインフルエンザl'esitodopo l'arresto cardicopreospedaliero。 リアニマジオーネ。 1994; 28:195-203。
  3. Nolan J、Soar J、Zideman D etal。 Consiglio europeo dirianimazione。 Linee guida per la rianimazione 2010 Sezione 1.Rianimazione。 2010; 81:1219-76。
  4. Ochoa FJ、Ramalle-Gomara E、Lisa V、Saralegui I. L'effetto della fatica delsoccorritoresullaqualitàdellecompressionitoraciche。 リアニマジオーネ。 1998; 37:149-52。
  5. Ashton A、McCluskey A、Gwinnut CL、Keenan AM Effetto sull'affaticamento del soccorritore sull'esecuzione di Compressioni toracicheesterneは3分ごとに継続します。 リアニマジオーネ。 2002; 55:151-5。
  6. Wik L. Dispositivi di Compressione toracicaesterna meccanicaautomatica e manuale per la rianimazionecardiopolmonare。 リアニマジオーネ。 2000; 47:7-25。
  7. Axelsson C、Karlson T、Axelsson AB、Herlitz J. (OHCA)。 リアニマジオーネ。 2; 2009:80-1099。
  8. Rubertson S、Karlsten R. Aumento del flusso sanguigno corticale cerebrale con LUCAS; un nuovo dispositivo per le Compressioni toraciche meccaniche rispetto alle Compressioniesterne standard durante la rianimazione cardiopolmonaresperimentale。 リアニマジオーネ。 2005; 65:357-63。
  9. カルモナF、パルマP、ソトA、ロドリゲスJC Flusso sanguigno cerebrale misurato mediante Doppler transcranico durante la rianimazione cardiopolmonare con Compressioni toraciche manuali o eseguite da uncompresso toracicomeccanico。 緊急事態。 2012; 24:47-9。
  10. Smaeckal D、Johanson J、Huzevka T、Rubertson S. リアニマジオーネ。 2009; 80:1104-7。
  11. 販売R、サルノR、ローレンスB、カスティージョE、フィッシャーR、ブレナードC他La riduzione al minimo delle pause pre e post-defiberlazioneaumentalaprobabilitàdiritornodellacircolazione spontanea(ROSC)。 リアニマジオーネ。 2010; 81:822-5。
  12. Mateos A、Pardillo L、Navalpotro JM、Barba C、MartínME、AndrésA。 リアニマジオーネ。 2010; 81:904​​7-XNUMX。
  13. Mateos A、Cepas J、Navalpotro JM、MartínME、Barba C、Pardillos L etal。 Analisi di quattro anni di funzionamento di un programma di donazione extraospedaliera non dicuore。 緊急事態。 2010; 22:96-100。
  14. カルモナF、ルイスA、パルマP、ソトA、アルベロラM、サアベドラS.ウソディウンコンプレッサーメカニコトラシコ(LUCAS®) 緊急事態。 2012; 24:366-71。

また、

緊急ライブさらに…ライブ:IOSとAndroid用の新聞の新しい無料アプリをダウンロード

CPR と BLS の違いは何ですか?

負の胸腔内圧で声門上気道デバイスを評価するための死体のCPR

ソース:

TES

あなたはおそらくそれも好きでしょう