海上保安庁はH225ヘリコプター3基を追加発注

東京、21 June 2017 エアバスヘリコプター は、 日本沿岸警備隊 (JCG)の購入のために 追加の H225。 この新しい注文は、JCGの総H225船隊に 2月までに9ユニット2020。 JCGは既に225に6番目のH2016の注文を出しました。これは2018で配信されます。

この契約に基づき、3台のH225ヘリコプターが使用されます セキュリティ施行、日本の領海沿岸の活動、そして 災害救援ミッション.

「日本海沿岸警備隊は、25年の間、スーパープーマ家からヘリコプターを操縦してきました。このH225フォローオーダーは、私たちの製品へのお客様の信頼と、私たちが長年にわたりチームに提供してきた献身的なサポートを示しています」Olivier Tillier 、日本のエアバスヘリコプターのマネージングディレクター。 「H225は、あらゆる気象条件に対応しているため、探索や救助、沿岸と島の保護などJCGの使命に最適です。 ザ エアバスヘリコプター 日本のチームは、お客様のH225艦隊の継続的なアベイラビリティを保証するために引き続き最高のサポートを提供します。
現在、Super Pumaファミリーから8台のヘリコプターを操縦しているJCGは、AirbusヘリコプターのAS332 L1を1992の艦隊に導入し、その後225の最初のH2008を歓迎しました。 この最新の注文により、JCGのスーパー・プーマ機は最終的に2020によって11台まで拡張されます。

最新のH225メンバー エアバスヘリコプター'スーパープーマファミリーは、最大11の乗客を収容する19トンタイプのツインタービンロータークラフトです。 最先端の電子機器とオートパイロットシステムを備えたH225は、優れた耐久性と迅速な巡航速度を提供し、どのような役割にも対応できる様々な機器が装備されています。
特に、日本では、スーパープーマ家の25ヘリコプターが、現在、民間、パラパルプ運営者、日本国防省などの様々な捜索救助ミッション、オフショアオペレーション、VIP、消防、乗客および物資輸送のために運航されています。

会社概要 エアバス
エアバスは、航空宇宙および関連サービスの世界的リーダーです。 2016では、売上高は€67億となり、134,000周辺の従業員を雇用しました。 エアバスは、100から600以上の座席まで、最も幅広い種類の旅客機を提供しています。 エアバスはまた、ヨーロッパのナンバーワン宇宙企業と世界第2位の宇宙ビジネスだけでなく、タンカー、戦闘、輸送、ミッション航空機を提供するヨーロッパのリーダーです。 ヘリコプターでは、エアバスは世界中で最も効率的な民生用および軍事用のロータークラフトソリューションを提供しています。