ノートルダム・ド・パリは消防隊と特別な助けを借りて安全である:ロボット

ノートルダム大聖堂での火災の間、何百人ものパリの消防士が大きな支援を受けました。それは運用支援ロボットです。 消防ロボットはEMSの未来の一部です。 どんな状況でも止められず、貴重なリアルタイムの情報を提供できます。

パリ - ノートルダム寺院 火がついています。 2日間、世界の写真やビデオを見て驚いたままです。 大聖堂 炎に包まれて この息をのむようなシナリオはヨーロッパだけでなく他の国々にも衝撃を与えました。 しかし、4時間程度のハードワークの後、 消防士 に管理さ 炎を消す.

超える 400消防士 この巨大な活動に関わってきた、そして大聖堂の位置はかさばるために到達するのはそれほど簡単ではない 消防車.

消防士が貴重な味方を信頼しなければならなかったのはこのためです。 操作支援ロボット 消防隊は、特にこのような場合に、火災の際に具体的な手を差し伸べることができる装置を実現するために、近年、様々な会社と協力しています。 大規模な火災が発生し、狭い場所や手の届かない場所に人が届くのは容易ではありません。技術が役立つようになります。

そのため、ノートルダムでは消防隊に情報や写真を提供できるデバイスが使用されてきました。 これらの装置の遠隔操作のプラットホームは助けるように設計されています 消防士 そして 緊急対応者 手術中の危険で、困難で、そして身体的に要求の厳しい作業を伴う。

これらのロボットのおかげで、 消防隊 火を制御し消火するためにどこに水を向けるべきかを理解することができた。

SENTINEL - TECDRONの操作支援ロボット

SENTINELはこれらの操作支援ロボットの好例です。 それは設計された遠隔操作プラットホームを持っていますそれは電動機とキャタピラトラックを備えていて、4から6時間の実行時間で屋内と屋外の操作を可能にします。 地下火災(トンネル、地下駐車場)、倉庫、工業用地、精製所などの爆発の危険性がある火災など、視界が制限され非常に高温の火災に最適です。

一般に、これらの装置は用途が広く、様々な機器を装備して連続した作業を行うことができます。遠隔操作式ウォーターモニター、サーマルカメラ、犠牲者避難用ストレッチャーホルダー、デイナイトカメラ、煙抜きファン、重量物収納ケース交通機関などを積む

これらすべての特徴に加えて、高温自己防衛システムにより、これらのロボットは消防隊のためだけではなく貴重な同盟国となります。 それらは緊急事態の未来です。