フランスのCOVID19、救急車の消防士さえ:クレモントフェランの場合

フランスの消防士は、パンデミックCOVID19との戦いの新しい主人公です。 アルプス全域の一部の国では、予期しない乗り物である救急車でも目立ちます。

挽き目 クレモントフェラン 旅団の消防士、105人の専門家、60人のボランティアが、実際、COVID19との戦いでSAMU(救急車と救急隊員)に参加しました。 彼らは影響を受けたとされる患者を輸送する仕事を引き受けた SARS-CoVの-2 大学病院へ。

これを理解するために、数字について話しましょう。ピュイドドーム消防署であるSDIS63は、症例の70%を病院に誘導しました。 症状が現れた疑いのあるケース、本格的なより深刻なケース(フランスではCOVID19 DETRESSE VITALに分類される)、または重症度は異なるがコロナウイルスのパンデミックに無関係なケースから救急隊員が走るかどうかに関係なく、救急車はその地区のXNUMX人の消防士がいます。

「COVID19 Detresse」の場合、救急車と消防士がSamuの医療チームに参加します。

「介入が何であれ–フランス3地域の救急車の消防士の19人であるエリックは、COVIDXNUMXの疑いがある場合でも、単純な変形でも、眼鏡と手袋、および私たちと犠牲者を守るフィルタリングマスクを着用しています。サージカルマスクも着用してください。

COVID19で証明されたケースの場合、 車両の完全消毒と洗浄 60度の服の整理されています。 「私たちもスーツ全体を着用し、クレルモンフェランの大学病院で最初の消毒を行わなければならないのは、困難な場合のみです」。 エリックのような消防士は、必要なプロトコルに加えて、被害者の警告サインを評価して、健康リスクの発生を制限します。たとえば、「被害者が表現や呼吸に問題がない場合、私たちは必要ありません」後で消毒。

流行のCOVID19中に人命を救うために不可欠ですが、消防士は介護者のために予約された広大な反響を持っていません。 しかし、エリックは言います。 白衣の作業ほど難しくありません! 消防士が市民の承認を求めない場合」または介護者が値するように毎晩拍手喝采する場合、時々彼は政府の配慮より少しだけ欲しいと思います。

「政府が介入するたびに、私の娘はなぜ消防士が演説で言及されないのかと私に尋ねます」とエリックは面白がって言った。 しかし、消防士にとっては「これは単なる詳細です」。 消防隊の謙虚さと奉仕の精神は特徴的であるように思われるため、国境を越え、フランスとイタリアはそれを私たちに証明したいと思っているようです。

イタリアの記事を読む

コメントは締め切りました。