日本の医師による医療用ヘリコプターのEMSシステムへの統合

2001以前は、緊急事態に対応するために日本の都道府県が使用していた医療用ヘリコプターは、十分なレベルの治療を受けていませんでした。 それから医者 - ヘリ医師 - 医療医療ヘリコプターシステムが到着し、途方もない成長を遂げました。 それができることを見てみましょう!

宮崎県島の九州南部に位置し、 ドクターヘリプログラムの運営を開始 2012の宮崎大学病院を出ました。 宮崎は日本の比較的田舎の地域です。 その総人口は約100万人で、そのうちの420,000人が首都に住んでいます。

農業は経済の大部分を占めます。 その地理的範囲は、川のデルタから山岳地帯に至るまで幅広くなっています。 医師が装備したヘリコプターが到着する前に、 宮崎には地方自治体の救助ヘリコプターが設置され、 それは巻き上げ操作、基本的な医療、そして消火を含みました。 宮崎は、日本の都道府県の多くと同じように、火災ベースの地上EMSシステムを使用しています。 宮崎大学病院は その急性治療と外傷科の最近の拡大と大規模な三次医療病院。

ローカルシステムへの航空機の導入は、いくつかの異なるコンポーネントを必要としました そして多くの利害関係者の関与。 病院は敷地内にヘリポートを建設し、県内全域で消防士と公務員の両方が彼らの居住地内の指定された着陸帯で訓練を受けました。 200県全体の指定着陸帯以上が確認された。 病院医の何人かは、すでに確立されているドクターヘリプログラムと共に飛んで、広範囲の訓練を受けました。 それからこれらは他の医者への段階的な責任で地元の訓練プログラムを紹介しました。

この選択はどこから来たのですか?

宮崎大学はまた、EMSシステムの統合と成熟の分野で協力するために、アメリカの姉妹機関であるカリフォルニア大学アーバイン校にも連絡を取りました。 この共同研究は航空機の地域利用マニュアルに現れました。 このマニュアルは 救急車救急隊員と病院に勤務する医師。 それはこの新しい資源の利用のための適切な基準を確立することを目的とした。 それはいくつか含まれていました 一般的な適応症 症状に基づくものと同様に航空機の要求のために。

これらのガイドラインは、現在の日本の救急医療の練習の範囲を反映するために作成された 宮崎のEMSシステム内に指定された専門センターがない。 マニュアルには3つの大きな目標があります。 最初は 救急医に明確な兆候を示す この新しいリソースを要求しなければならない場合は、フィールドに入力します。 第二は、 より良い利用率データの収集を容易にするシステムの成熟を継続的なプロセスにすることができます。 三つ目は、都道府県全体の入院前ケアデータ収集システムを確立するための基礎を築くことです。これには、地上、航空、受信センターが含まれます。

操業の最初の10ヶ月間で、航空機は300のミッションを飛びました それ以来、ミッションの量は増えています。 宮崎県のDoctor-Heliは、EMSシステムにどのように新しい航空救急車を安全に、そしてうまく組み込むことができるかについて、成功したモデルを提供します。

中谷本線サービス ドクターヘリプログラムを管理した最初のHEMS企業の1つであり、日本の医療ヘリコプターの25%を保有しています。

いつ 緊急事態 起こる、 航空看護師および医者 乗船すれば彼らは現場で患者に到着する。 彼らはまだ生きているときに医療サービスを提供し始めます。 その地域 特定の医者のヘリコプター 動く 病院から70 kmまでの距離。 もちろん、の呼び出し 緊急事態 最寄りの病院に到着し、ヘリコプターを派遣するのはそれだけです。 事故が規制距離には及ばないが医療用ヘリコプターが利用できない場合、遠方の病院もその航空機を部分的に送ることができる。

緊急医療提供者は誰ですか?

フライトナースやフライトドクターに加えて、 整備士スタッフ 船上で非常に重要です。 彼らは、ナビゲーションと援助の支援、コミュニケーションセンターとのコミュニケーションの指導を行い、彼らは無線通信システムの世話をし、また万が一の場合には看護師を助けます。 フライト前後のメンテナンスも可能. だからこそ、彼らの存在はいつでも船上で非常に重要です。

乗組員は一般的にで構成されています 1フライトナースと1ドクター ために 航空機の可搬重量。 とにかく、ヘリコプターが訓練生をホストすることは可能ですが、人数は航空機ごとに5を超えることはできません。 ヘリコプターEC135 例えば、患者を含む4に限られた場所があります。 しかし、ヘリコプターのオペレーターは乗組員の訓練を気にしていません。 それは病院の問題です。

もう一つの重要なメンバーは、もちろんパイロットです。 今年から、日本政府はEMSヘリコプターパイロットのための法律を変更しました。 今年から、HEMSパイロットとして雇われるためには、競技者はキャプテンとして最低1000飛行時間の飛行経験を必要とするでしょう。 はどうかと言うと 中日本航空サービス、 パイロットは少なくとも1500の飛行時間を経験している必要があり、1000の飛行時間は同じ航空機で50時間です。

まだ取り組むべきことはありますか?

がある 十分ではない 日本のパイロット研修地域。 これはパイロット訓練を困難にします。 中谷本線サービス まだ提供する必要があります トレーニング そのような悪条件下で。
私たちは小さな着陸/離陸ゾーンを必要としています、それはab-initioパイロットのために現場で同じ着陸/離陸挑戦を作成します。 ただし、候補地のほとんど(公立学校の遊び場、都市公園、スタジアム、国立公園、川岸など) 地方自治体によって所有/管理されている。 彼らは彼らの使用のために彼ら自身の規則を設定しました。

ヘリコプター 着陸/離陸は使用規則のためにリストされていません、それで許可を得るためにそれほど多くの時間がかかります。 これは私たちにとっての挑戦です。」

ソース: